Nofaith

nofaith.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 01日

Musical Baton

なんだか真琴のとこからお題を頂いたので応えてみようかと。

でも、友達いないから自分のトコで止まるのは必至。

1.Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
これは961M。思ってたよりも多かった。

2.Song playing right now
(今聞いている曲)
アニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌、AKINOの「創聖のアクエリオン」buzy「鯨」「一人一途」
一瞬、猫をかぶろうかと思ったが、ここで気取ったって仕方がないことに気づいた。

3.The last CD I bought
(最後に買ったCD)
4年前くらいにかった福原裕美子の「What would I do」
…と思っていたが、その後に買ったものがあったのを思い出した。
それは「Hellsing ― オリジナル・サウンドトラック RUINS 吠虚」
まぁ、これについては次の4で詳しく述べることに。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

①高橋理奈の「NEO filia」
"愛だけしかいらない 少年の優雅さで 真夜中の虹を見上げてる…"
アニメ曲じゃない!と思った人が多いことだろうw
因みにこの曲の歌詞をイメージしてイラスト描いたのが「少年」。
小谷美紗子の「嘆きの雪」もCDを買うほど好きだったりするが、
真琴がお気に入りに上げているので以下割愛。
しかし、これだけ好きなのにCD持ってないというのもなんだかな。

②「シークレット カルマ セレナーデ」
前回アニメ化したのはよかったんだが、
オリジナルの話があまりにもアレすぎて原作者を怒らせたともっぱらの噂の「Hellsing」
そのアニメ版「Hellsing」の石井妥師によるサウンドトラック
「Hellsing ― オリジナル・サウンドトラック RUINS 吠虚」の中の一曲が、
この「シークレット カルマ セレナーデ」。

"星が流れる 月が輝く…"
静謐の一言が似合う曲だが、どこかエキゾチックな雰囲気が漂う。
アニメでは、無効果音・無科白状態の狙撃場面で使われた。
その印象が強すぎて忘れられなかったためにCDごと買うハメに。
前アニメ自体は正直嫌いだ。でも音楽だけは好き。

何度でも言おう。


アニメは糞だ。


だが、音楽だけは最高だ。




主題歌である「ロゴスなきワールド"マルコムXに捧ぐ"」も好きなんだが、
やっぱり「シークレット カルマ セレナーデ」がアルバムの中で一番好きだ。
はまった攻殻機動隊やカウボーイビバップの菅野よう子のCDすら買ったことがないのになw
あ、でも彼女の曲では「奇跡の海」「Hemisphere」「rise」「創聖のアクエリオン」なんかが特にお気に入り。

ちなみに「Hellsing」再アニメ化だそうで。しかも原作版とわざわざ銘打った。
GONZ○(前回アニメ化したトコ)に喧嘩売ってるのかな、やっぱり。
まぁ、でも自分も実は原作に忠実なアニメを出して欲しいと思っていたものが
この「Hellsing」と「鋼の錬金術師」なので嬉しいっちゃ嬉しいんだが。
個人的に前ヘルシングのアニメの音楽だけはネ申クラスだったと思っているので
監督も脚本家もどうでもいいから、音楽の石井さんだけは変えて欲しくないというのが
正直なところだったりする。

③ポルノグラフィティの「サウタージ」
Bump of chickenと迷ったんだが、やはりポルノに軍配を。
基本的にポルノグラフィティの曲は全部好きだ。
その中でも「サウタージ」を選んだ理由についてはノーコメント。

Super green X「Forgotten Daze」
ねずみのろうかさんの幻想水滸伝のFLASHのおかげで惚れた。

さらに403さんとこの「Southern Cross」もオススメ。一時期狂ったようにループで聞いてました。

あー!上の曲よりもさらによくきいている曲を入れるの忘れてた…。
S.S.Hの「GuiltyGear~Holy Orders(Be Just or Be Dead)」
兄者の携帯の着信音が「Holy Orders」だったおかげで、知った曲。
Guiltygearというゲームに出てくるカイ・キスクという聖騎士のテーマ曲なんだが、クラスに似つかわしく、聖堂で謳われるような荘厳な雰囲気でありながら、エレキを思い切り使ったヘヴィなメタルというギャップが好きだ。

THE ECCENTRIRIC OPERA「愛のフーガ」
知ってる人も多いかも。重厚で荘厳な雰囲気の漂う曲。
締めは何にしようと考えて、やっぱりこの曲しかないということで。

ちなみに当方これがテレビ東京アニメ「時空転抄ナスカ」OPだったなんて全然知らなかったです。
今、検索して初めて知ったよ…。
"あの大作曲家ヨハン・セバスチャン・バッハのオルガン曲「小フーガ・ト短調」にラテン語の詞を付け、ヴォイスの多重録音とドラムン・ベースの手法で仕上げたもので、テレビ・アニメ「時空転抄ナスカ」のオープニング・テーマである。バッハのおなじみの重厚なオルガン曲を、見事にエキセントリック・オペラ流にアレンジ。"だそうで。

他にも上の今聞いている曲であげた「鯨」「一人一途」や「wind」やその他諸々なども
紹介したいとは思ったんだが、なんだか思ったよりも無難な選曲になったな。
何よりもアニメ曲がことのほか出なかったのが自分でも意外。

[PR]

by nofaith | 2005-07-01 22:37


<< 今秋発売予定だよ、ヒャッホウ!      仏滅 >>